看護師求人サイトを利用する前に確認しておきたいポイント

看護師専門の求人サイトにもデメリットがあります

最近看護師の転職では主流にあるのが看護師専門の転職サイトです。テレビのコマーシャルでも良く見かけます。メリットがとても多いですが、デメリットがないわけでもありません。

ここでは、看護師専門の求人サイトのデメリットについて考えてみましょう。 ネットで看護師の求人を調べていたら、詳細情報を閲覧するには登録しなければならないです。 登録したら翌日から電話やメールがどんどんと来る場合があります。

もしもそんなケースになったら「サイトに掲載されていた案件の詳細が知りたかっただけです。それ以外の情報はいりません」とはっきりと意思表示すると良いです。 相手も無意味な労力をかける手間も省けるはず。

通常は一度面談するような形で進むケースが多いです。全く紹介してもらえないサイトもありますが、これは比較的新しい会社で抱えている紹介医療機関が少ない場合です。 条件に該当する職場が無いからです。

求人サイトのビジネスモデルが成果報酬型ですから担当者や会社の考え方でユーザーの希望の条件に合致していなくても<採用が成立すれば良い>と強引に話を勧めるケースもあります。 それによって給与システムやボーナスが関連することもあるのです。

その人物に見合う病院よりも成約件数に目がいっている場合もあります。高望みしすぎると転職のハードルが高くなるのは確かですが転職したいのはそれなりの理由があるはず。その希望がクリアされなければ転職する価値がありません。

具体的にはどこに注意するべき?

最初の3件程度の提案で決定するのは良くありません。紹介サイトのコストパフォーマンスは採用が決まるまでに必要な時間と成約手数料によって違います。医療機関が紹介サイトに支払う報酬は病院によって違っています。

困っている病院ほど高いです。 アドバイザーが紹介するのは最初に高い成約料の案件からです。 「より高い成約料の医療機関を紹介されているかもしれない」と警戒した方が良いでしょう。

以上のように、看護師専門の紹介サイトに任せきりにしてはいけないのです。 後で気づいたら問題ありの職場を紹介されているケースもあります。 離職率が高い病院こそ求人サイトに依頼している確率が高いです。

求人サイト視点でみたら離職率が高い病院は優良なクライアントなわけです。最終的には自分で判断して賢く紹介サイトを利用することがポイントです。もし、自分で判断するのが難しいという場合、看護師求人うさぎ!のような情報比較サイトを活用するのも一つの手かもしれません。